株式会社 富士理科

分析・理化学の機器・装置のことならお任せください。 理化学機器の総合商社|静岡県富士市 株式会社 富士理科

取扱製品

分析機器

理化・汎用機器

会社案内

web分析機器総覧 JAIMA

 

web科学機器総覧

 

クリック募金

 

「児童労働のない未来へ」キャンペーン

 

HOME»  新製品紹介

新製品紹介

日本分光 新型液体クロマトグラフ「EXTREMA(エクストリーマ)」
日本分光 新型液体クロマトグラフ「EXTREMA(エクストリーマ)」 EXTREMAは、Advanced SSQD(Advanced Slow Suction Quick Delivery)送液方式を採用し、流量精密さが従来機種に比べ2倍向上した分析用ポンプとセミ分取ポンプ用に開発したモーター制御技術により高流量における使用圧力が大幅に向上したセミ分取ポンプをラインアップしています。分析用ポンプには、最大耐圧が130MPaのPU-4285と最大耐圧が70MPaのPU-4180と4185が有ります。いずれのポンプもコンベンショナルLCからRHPLC(Rapid Separation HPLC)やUHPLCに対応できます。
日本分光 新型紫外可視分光光度計「V-700シリーズ」
日本分光 新型紫外可視分光光度計「V-700シリーズ」 V-700シリーズは、6モデルより構成されており、いずれのモデルも安定性に優れたダブルビーム方式を採用しています。小型汎用タイプから高性能タイプまで、測定目的に合わせて選択することができます。
V-730 コンパクトな筐体で高い性能を実現
V-750 幅広い付属品に対応する紫外可視スタンダードモデル
V-760 ダブルモノクロメーターを採用した極低迷光モデル
V-770 広い波長範囲をカバーする紫外可視近赤外測定モデル
V-780 TnGaAs検出器搭載の高感度型紫外可視近赤外測定モデル
日本分光 円二色性分散計 「J-1000シリーズ」
日本分光 円二色性分散計 「J-1000シリーズ」 J-1000シリーズは、光学設計の最適化と最新のデジタル信号処理技術とにより、新たなステージに進化した円二色性分散計として誕生しました。タンパク・核酸などのバイオ分野に適した紫外・可視領域モデル(180~600nm)のJ-1100、測定波長範囲が163nmから1600nmまでに対応し、タンパク・核酸のみならず最新の研究分野であるキラル高分子、超分子、金属錯体などあらゆるニーズに対応可能なJ-1500をラインナップしています。
日本分光 旋光度計 P-2000シリーズ
日本分光 旋光度計 P-2000シリーズは長年にわたり培われた高度な旋光度測定技術と最新のデジタル技術を融合することにより測定精度と操作性が向上した次世代旋光計です。光源には、ナトリウムランプ、水銀ランプを採用し、輝線を用いた高精度な測定を保証しています。また、汎用的に使われる方のためにハロゲンランプも用意しています。光源は最大同時に2種類まで本体に搭載することができ、プログラムから切り替えることができます。操作には先進的なiRM(インテリジェントリモートモジュール)を採用しています。カラー液晶表示とタッチパネルとの組み合わせにより優れた操作性を提供します。
日本分光 溶出試験機 DT-810
日本分光 溶出試験機 DT-810は、温度精度を高めた円形バスに8ベッセルを設置可能で、ベッセルとシャフトの位置決めを行う独自のセンタリング機構(特許出願中)を採用し、試験の信頼性を高めました。システムはプログラムからの切換で6ベッセル試験にも対応しています。また、DT本体を含めて全てのモジュールの制御をPC上のプログラムより行うので、非常に操作性に優れています。
三菱化学 積分球式濁度計 PT-200
三菱化学 積分球式濁度計 JIS-K0101(工場用水試験方法)、上水試験方法、衛生試験方法註解等の公定法に準拠し低濁度から高濁度まで、色の影響が少なく測定できる濁度計です。上水試験法改正に伴う濁度標準液(ポリスチレン)*に対応しています!!

*平成16年4月より施行されている「水質基準等の改正」により、低濁度域まで測定でき、カオリンよりロット間のばらつきが少ない濁度標準液として、ポリスチレン系粒子懸濁液が採用されました。
三菱化学 水分測定装置 CA-200/KF-200
三菱化学 水分測定装置 微量の水分測定では定評のあるカールフィッシャー法の水分測定装置です。カラー液晶表示で2チャンネルがさらに進化!同時測定・同時表示と日本語表示でさらに使いやすくなりました。本体1台に2つの機能(気化装置の追加や反応部の追加など)を接続できるので省スペースです。
三菱化学 イオンクロマト用前処理装置 AQF-2100H
試料燃焼装置 理想的なボートコントロール方式と二重管燃焼方式により、特別な経験が無くても安全かつ確実に燃焼することが可能となりました。最短5分で燃焼が終了します。
 液面センサーの採用によりきわめて精度の高い定容昨日を実現し、制度の良い分析が実現しました。また、定容機能を用いる事で、幅広い試料にも対応できるようになりました。JIS,ASTMはもちろん、JEITA ET-7304に準拠しております。